廬山寺
?評価について

京都 廬山寺
紫式部の邸宅跡に建つ
桔梗と紅葉が美しい寺院

蘆山寺(ろざんじ)は京都市上京区、京都御所にほど近い場所にある天台宗の寺院です。奈良時代に建立された歴史ある寺院で、幾度か移転を繰り返した後で紫式部邸宅跡と伝わる現在の地に落ち着きました。紫式部ゆかりの場所に建つ寺院ということで、源氏庭と名付けられた庭や、紫式部の歌碑があります。

この記事では、蘆山寺の魅力や見どころ・歴史・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 移転をくり返した
蘆山寺の歴史

秋の境内(廬山寺)

秋の境内

蘆山寺は、938年に比叡山延暦寺の中興の祖として知られる元三大師良源(げんさんだいしりょうげん)によって開かれました。創建当時は船岡山の南に位置していたと伝えられています。

時代が下るにつれて寺院は衰退していきますが、1243年に浄土宗を開いた法然の弟子である覚愈(かくゆ)が再興しました。蘆山寺と称するようになったのはこの頃からです。

室町時代後期に応仁の乱が起こると、寺院の伽藍は兵火により焼失してしまいました。その後、豊臣秀吉が行った京都の土地整備計画によって、現在の場所に移築されます。この地はかつて紫式部の邸宅があった場所です。紫式部が源氏物語を書き上げた場所ともいわれています。

江戸時代に蘆山寺は何度か火災に遭遇して伽藍が焼失したため、1794年に光格天皇が仙洞御所(せんどうごしょ)の一部を移築して、御仏殿(通称本堂)と御黒戸(通称尊牌殿)が再建されました。蘆山寺はこれがきっかけで宮中の仏事を司るようになり、御黒戸四箇院(おくろどよんかいん)の一つに数えられます。

明治時代になると廃仏毀釈の影響によって一度は廃寺の危機に直面します。しかし、明治天皇の勅命(直接の命令)によって廃寺を免れました。

現在は、紫式部邸宅跡地に建つ寺院として多くの源氏物語ファンが参拝に訪れています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所