幕末維新ミュージアム霊山歴史館
?評価について

幕末維新ミュージアム霊山歴史館
明治維新を総合的に学べる
資料館

幕末維新ミュージアム霊山歴史館は京都市東山区の高台寺近くにある建物で、明治維新のことを総合的に学べる資料館です。倒幕派志士の遺品や幕府側の資料を5,000点以上所蔵し、その中の約100点ほどが常時展示されています。定期的に講演会や歴史教室・友の会ツアーなどが開催され、幕末ファンにとっては必見の場所です。

この記事では、幕末維新ミュージアム霊山歴史館の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 展示品から
明治維新を学ぶ

ミュージアムでは年に4回企画展が行われ、それぞれにテーマに沿った収蔵品が展示されます。どんな展示会が行われているかは公式サイトに記載されていますので、チェックしてから訪れてみるのもいいですね。明治維新はテレビドラマや映画の題材に選ばれることも多いので、それらに関連した企画展が開催されることもあります。

新鮮組の木刀や鉄砲が実際に触れる体感コーナーや幕末の歴史的な事件を3D映像で見ることができる映像コーナーも常設されており、時代劇ファンや幕末ファンに人気です。新鮮組の服を着て撮影が写真撮影ができるコーナーもあります。

ミュージアムでは坂本龍馬・中岡慎太郎・西郷隆盛などの討幕派の遺物や、新選組・徳川慶喜・松平容保らの幕府側が残した資料が一緒に展示されており、さまざまな角度から明治維新を学ぶことができると好評です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所