山下公園
?評価について

山下公園&周辺観光
港を行きかう船を眺める
憩いの公園

山下公園は、横浜を代表する観光スポットというだけでなく、市民の憩いの場でもあります。初めて横浜観光をする方はもちろんのこと、何度も訪れているという方も足を向けたくなる場所です。

今回は、そんな山下公園の魅力やおすすめ観光スポット・グルメ情報をご紹介します。1年を通じてイベントも盛りだくさんなので、いろいろな楽しみ方ができるでしょう。

この記事を読めば、山下公園の新しい魅力に気づけますよ。

01. 山下公園&公園周辺の
おすすめスポット

山下公園やその周辺には、有名な観光スポットがたくさんあります。今回はその中でも特に人気の高いものをご紹介しましょう。

山下公園

山下公園

日本初の臨海公園 山下公園

山下公園は、日本初の臨海公園として昭和5年に開園しました。大さん橋の東側から山下埠頭(ふとう)まで約700m続く広い敷地内には、芝生広場やバラ園といった憩いのスポットが複数あります。また、赤い靴の少女像や在日インド人協会から寄贈された「インド水塔」やアメリカサンディエゴ市から贈られた「水の守護神」などの記念碑も見どころです。これを見るだけでも、横浜と海外の交流の深さが分かりますね。

ベイブリッジや港を行きかう船の眺めはロマンチックで、デートにもおすすめです。早朝には散歩や体操をする地元の方も多く、早く目が覚めてしまったという場合は朝の散歩もよいでしょう。時期によっては朝もやがかかり幻想的な雰囲気がかもし出されます。

アクセス情報
住所:神奈川県横浜市中区山下町279
電話番号:045-671-3648(横浜市都心部公園担当)

01. 水の守護神像

水の守護神像(山下公園)

噴水の中央に立つ水の守護神像

山下公園の中央広場、噴水の真ん中に立つ石像が、横浜の姉妹都市サンディエゴ市から1960年(昭和35年)に贈られた水の守護神像です。この水の守護神像を取り囲むミッションベルは、2基が姉妹都市25周年を、残りの2基が50周年を記念して設置されました。

噴水は様々なパターンで高さが変わり、眺めているだけで時間のたつのを忘れさせてくれます。暑い季節であれば、日の落ちた時間帯に涼を求めて散策するのもいいのではないでしょうか。

02. 童謡『かもめの水兵さん』歌碑

童謡か「かもめの水兵さん」歌碑(山下公園)

童謡か「かもめの水兵さん」歌碑

童謡『かもめの水兵さん』は、誰もが一度は歌ったことのある懐かしい童謡ですね。1937年(昭和12年)に作曲者、河村光陽の娘である童謡歌手の河村順子(当時11才)によりレコード化されました。

歌詞は作詞者である武内俊子の叔父が布教のため横浜港からハワイヘ旅立たった時の様子を描いたもので、横浜港がこの歌の発祥の地であると副碑に刻まれています。 歌碑は、横浜開港120年にあたる1979年(昭和54年)に建てられました。歌碑には歌詞が刻まれていますから、童心に返って歌ってみては。

03. 日米ガールスカウト友好の像

日米ガールスカウト友好の像(山下公園)

日米ガールスカウト友好の像

山下公園の桟橋に係留された氷川丸のすぐそばで握手をする少女の像は、ガールスカウト日本連盟の世界連盟加入とアメリカガールスカウト50周年を記念して設置された日米ガールスカウト友好の像です。ガールスカウトの友情を象徴する像で、台座には「やくそく」と刻まれています。2014年、日米のモデルとなった横浜市西区在住の田中紘子さんと、米テキサス州在住のリビー・ワトソンさんが52年ぶりに再会し、話題になりました。

04. 赤い靴をはいていた女の子の像

赤い靴はいてた女の子像(山下公園)

赤い靴をはいていた女の子の像

野口雨情の童謡「赤い靴」にちなんで市民の募金で作られた銅像。横浜以外にも、麻布や北海道などにも「赤い靴」の銅像が建てられていますが、山下公園のものが一番有名です。像の周辺はきれいな花壇になっているので、記念撮影や散歩を楽しんだりしてもよいでしょう。

05. インド水塔

インド水塔(山下公園)

山下公園の西端にひっそり建つインド水塔

インド水塔は、山下公園の西端に建つイスラム教のモスクのような小さな建造物です。4本の柱と方形の屋根の上に乗ったドーム。どこか和風の雰囲気も併せ持ったデザインになっています。設計は同潤会アパートの設計にも関わった横浜市の第四代目建築課長の鷲巣昌だということで納得です。水飲み場として建てられたインド水塔ですが、残念ながら水は出ません。2005年、横浜にふさわしい景観を生み出しているとして、横浜市認定歴史的建造物に認定されています。

このインド水塔は、関東大震災で被災した横浜在住のインド人への救済活動に感謝して、当時の横浜印度商組合より横浜市に寄贈されたものです。建物内の石版には、「飲み水の泉 横浜市へ寄贈。1923年9月1日の地震で失った同胞を記憶に留めるために」と、その思いが刻まれています。山下公園の人目を引かない場所に建つインド水塔には、インドと日本の友好関係を示す影に隠れた歴史があったんですね。

横浜マリンタワー

横浜マリンタワー(山下公園)

横浜マリンタワー

横浜マリンタワーは、横浜開港100周年の記念事業の一環として1961年に建設されました。今では横浜のシンボルとして市民に親しまれています。地上30階建てのタワー内部には、カップルからファミリーまで楽しめるスポットが満載です。横浜の歴史を紹介するイメージオブ横浜・多目的のマリンタワーホール・展望フロアなどいろいろな施設が入っています。

夜はタワー全体がライトアップされ、ロマンチックな雰囲気を演出してくれます。タワーの中で食事からおみやげの購入までまかなえるので、天気が悪い日でもここにくれば安心です。

アクセス情報
住所:神奈川県横浜市中区山下町15
電話番号:045-664-1100
営業時間:10~22時30分(入場は22時まで)
公式サイトhttp://marinetower.jp

日本郵船氷川丸

日本郵船氷川丸(山下公園)

山下公園の桟橋に係留されている日本郵船氷川丸

氷川丸は、1930年に竣工(しゅんこう)された高速客船です。現役のころは太平洋横断シアトル航路を就航し、喜劇王チャップリンも乗船しました。現在は博物館船として公開されており、アールデコ様式の一等食堂や一等喫煙室・一等特別室などを見学できます。また、プロムナードデッキからの横浜の風景も必見です。

氷川丸のことを詳しく知りたいという方は、月に2回ほど行われる船内ガイドツアーに参加してみましょう。説明文を読むだけでは気づかなかったこと・分からなかったことを説明してくれます。夏休みにはお子様向けのスタンプラリーなども行われるので、ファミリー旅行にもおすすめです。

アクセス情報
住所:神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
電話番号:045-641-4362
営業時間:10~17時(入船は16時30分まで)
公式サイトhttp://www.nyk.com/rekishi/

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大桟橋国際客船ターミナル(山下公園)

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、横浜港の玄関口です。国内外の大型客船が寄港する様子が常時見学できます。にっぽん丸・飛鳥Ⅱ・サファイアプリンセスといった豪華客船は、見ているだけで楽しいものです。

ターミナルの屋上は船の甲板をイメージしたウッドデッキとなっており、散歩には最適でしょう。ターミナルの1階には2,000平方メートルのホールもあり、各種イベントも開かれています。

アクセス情報
住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
電話番号:045-211-2304
営業時間:9~21時30分(ターミナル)
公式サイトhttps://osanbashi.jp/

横浜人形の家

横浜人形の家(山下公園)

日本唯一の人形専門博物館 横浜人形の家

横浜人形の家は、世界140か国から収集した13,000体以上の民族人形や郷土人形を展示する日本で唯一の人形専門の博物館です。女性ならば誰でも小さいころに遊んだ記憶のある多くの人形が展示されています。人形劇も定期的に開催されているので、小さなお子様がいるファミリーでも楽しめるでしょう。

アクセス情報
住所: 神奈川県横浜市中区山下町18
電話番号:045-671-9361
営業時間:9~17時(入館16時30分まで)
定休日:月曜日(祝日を除く)
公式サイトhttp://www.doll-museum.jp/

シーバス

シーバス(山下公園)

横浜の風景も楽しめるシーバス

シーバスとは、水上バスのことです。現在運行されているルートは2種類あります。一つは、横浜駅東口からみなとみらい・ピア赤レンガを経由して山下公園へ向かうルート。もう一つは、浜駅東口から山下公園への直行便です。

日本有数の観光地である横浜は、季節や曜日によっては道路が大変混み合います。そのため、海上を走るシーバスの方が目的地まで早く着くでしょう。また、船の上からは横浜の風景も楽しめます。時刻表はホームページから確認できますので、便利な足として利用してみてください。

アクセス情報
住所: 横浜市中区山下町 山下公園地先(山下公園乗り場)
電話番号:045-661-0347
運行時間:10~19時
公式サイトhttp://www.yokohama-cruising.jp

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所