二宮尊徳生家(小田原)
?評価について

尊徳記念館(二宮尊徳生家)
尊徳の生涯や業績を
学べる場所

二宮尊徳は、江戸時代末期の農業指導者です。彼は小田原で生まれて苦労して勉強し、経済と農業の優れた指導者になりました。昭和の終わりのころまでは全国の学校に薪を背負って本を読む彼の銅像が設置されていたので、名前を知っている方も多いと思います。

今回は、そんな尊徳の業績を知ることができる記念館や生家の見どころをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所