妙蓮寺
?評価について

京都 妙蓮寺
秋に咲く御会式桜で有名な
日蓮宗大本山

上京区西陣に位置する妙蓮寺は、鎌倉時代に建立された日蓮宗の総本山です。日蓮の孫弟子に当たる日像(にちぞう)が建立し、現在の場所に落ち着くまでに何度も移転を繰り返したといわれています。見事な石庭や秋から春にかけて咲き続ける御会式桜があることでも有名で、毎年多くの人が訪れる人気の観光スポットです。

この記事では、妙蓮寺の魅力や見どころ・アクセス方法・拝観料など、妙蓮寺に訪れるなら押さえておきたい情報をまとめてご紹介します。

01. 移転を繰り返した
妙蓮寺の歴史

境内(妙蓮寺)

花が絶えることない境内

妙蓮寺は1294年、日蓮宗の開祖である日蓮上人の孫弟子にあたる日像(にちぞう)が開基した寺院です。日像は、日蓮の高弟である日朗(にちろう)に師事し、日蓮の遺言に従って京都で布教活動に努めていました。

この布教活動によって柳屋仲興(やなぎやなかおき)という裕福な上人が日像に深く帰依し、屋敷の敷地内に法華堂が建立されます。これが、妙蓮寺の始まりです。寺院はその後荒廃しますが、室町時代に四条大宮に再興されます。この時から、現在の妙蓮寺を名乗るようになりました。

その後、妙蓮寺はたびたび戦火にあい、堺・京都市上京区などに移転を繰り返した後、豊臣秀吉の命によって現在の地に落ちつきます。江戸時代には天明の大火によって伽藍が焼失しますが、翌年には再興されました。

明治になって廃仏毀釈では妙蓮寺はそれほど影響を受けていません。塔頭寺院8院を残したまま、日蓮宗大本山として現在に至ります。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所