太田姫稲荷神社
?評価について

東京 太田姫稲荷神社
江戸城の鬼門を守っていた
稲荷社

太田姫稲荷神社(旧名:一口稲荷神社)は、東京メトロ丸の内線、新御茶ノ水駅からほど近い場所にある稲荷社です。元々は京都にあり、疱瘡(ほうそう)の快癒にご利益で有名でした。この神社を東京に分霊してきたのが、江戸城を築城したことで有名な太田道灌(おおたどうかん)です。かつては江戸城の鬼門(北東)を守っていましたが、何度か移転した末に現在地に鎮座しました。

この記事では、太田姫稲荷神社の歴史やご利益・見どころ・アクセス方法などをご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所