天龍寺
?評価について

京都 天龍寺
名勝、嵐山を代表する
世界遺産の寺院

天龍寺は臨済宗天龍寺派の大本山です。名勝、嵐山を代表する寺院であり、1994年(平成6年)には世界遺産に登録されています。四季折々の美しさが堪能できる曹源池庭園や法堂天井に描かれた雲竜図など、見どころが豊富で、参拝客が絶えることがありません。近年は、定期的に開催されている坐禅会や写経の会も人気です。

この記事では、天竜寺の魅力や見どころ、アクセス方法・拝観料・駐車場の有無などをご紹介しましょう。

01. 苦難も多かった
寺院の歴史

天龍寺は室町時代初期に開山しましたが、今日までの歴史は決して平たんではありませんでした。ここでは、天竜寺の歴史をご紹介しましょう。

天皇の慰霊のために建立された寺院

方丈へ向かう回廊(天龍寺)

方丈へ向かう回廊

天龍寺は、1339年足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために夢窓 疎石を開山として創建されました。建立にあたって尊氏や光厳上皇が荘園を寄進しましたが、それでも資金が足りずに元寇以来途絶えていた元との貿易を復活させ、建立資金を調達したと伝えられています。

1344年に無事に完成した天龍寺は京都五山の第一位に位置づけられました。これは、別格に位置づけられた南禅寺に次ぐ地位です。寺院は15世紀前半までは大いに栄えました。しかし、足利家の没落や戦乱によって次第に威力が衰え、その上何度も大火に見舞われて寺院は衰退していきます。1585年に豊臣秀吉から寄進を受けるまで、復興もままなりませんでした。

苦難を乗り越え再興に至る

庭園(天龍寺)

庭園

豊臣秀吉から寄進を受けたことにより、天龍寺はようやく復興し始めます。しかし文化年間に再び被災し、さらに再建をしている最中の1864年(元治元年)に蛤御門の変が起こりました。この時寺院は長州軍の陣営となったため、兵火によってまた伽藍は焼失してしまいます。

その後、歴代の住職の尽力により寺院は再び復興を始めました。1876年(明治9年)には臨済宗天龍寺派の大本山となります。翌1877年(明治10年)には法律によって地所の半分以上を国に没収されたものの、1899年(明治32年)には法堂・大方丈・庫裏が建てられ、1924年(大正13年)には小方丈(書院)が再建されました。

天龍寺が現在の寺観になったのは、1935年(昭和10年)のことです。何度も火災にあったため、創建当時の建物は全く残っていません。しかし、塔頭(大寺院の中にある小さな寺院)の松厳寺慈済院弘源寺は、1864年の兵火を逃れたため室町様式の建物や江戸時代中期に造られた建物が残っています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所