大覚寺
?評価について

京都 大覚寺
天皇の離宮として造営された
秋の花が美しい寺院

京都嵯峨野にある大覚寺は、真言宗大覚寺派の大本山です。元々は嵯峨天皇の離宮で、後に寺院として改築されました。そのため、皇室ともゆかりが深く、嵯峨御所という別名があります。皇族が住職を務める門跡寺院だったこともあり、伽藍の建物も御所風で雅やかです。歴史的価値も高く、境内全体が史跡に指定されています。

この記事では、大覚寺の見どころや魅力をご紹介しましょう。

01. 離宮から始まる
寺院の歴史

参道(大覚寺)

ドラマの撮影に使われた参道

大覚寺は現在寺院となっていますが、一時期は離宮としての役割も担っていました。この項では、大覚寺の歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

開山から江戸時代まで

平安時代初期、嵯峨天皇がこの地(嵯峨)に離宮を築きます。嵯峨天皇の信任を得ていた弘法大師が、離宮の一角に修行をするために五大明王を安置するお堂を建立しました。ごれが大覚寺の始まりといわれています。

嵯峨天皇が亡くなって30数年後の846年、嵯峨天皇の皇女である正子内親王が離宮を本格的な寺院に改めました。開山は恒貞親王(つねさだしんのう)が務めたと伝えられています。

1308年、後宇多法皇が大覚寺を再興しました。法皇が大覚寺で院政(法皇が行う政治)を行ったことから、寺院は嵯峨御所と呼ばれるようになります。南北朝時代には皇位継承が行われたり三種の神器が保管されたりと、寺院は御所の代わりも務めました。

室町時代末期、応仁の乱が起こるとその兵火によって伽藍がほとんど焼失してしまいます。

江戸時代から現代まで

戦国時代に兵火で焼失した伽藍は、江戸時代初期の寛永年間にようやく再建されました。その後、明治時代になると皇族が住職を務める習慣はなくなりますが、寺院は皇室にゆかりが深い寺院として政府からも庇護されます。

現在、大覚寺は国の史跡として、また1年中花が楽しめる寺院として有名です。1年を通して観光客が絶えることはありません。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所