大覚寺
?評価について

京都 大覚寺
天皇の離宮として造営された
秋の花が美しい寺院

京都嵯峨野にある大覚寺は、真言宗大覚寺派の大本山です。元々は嵯峨天皇の離宮で、後に寺院として改築されました。そのため、皇室ともゆかりが深く、嵯峨御所という別名があります。皇族が住職を務める門跡寺院だったこともあり、伽藍の建物も御所風で雅やかです。歴史的価値も高く、境内全体が史跡に指定されています。

この記事では、大覚寺の見どころや魅力をご紹介しましょう。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所