大涌谷
?評価について

箱根 大涌谷
火山活動を間近で体感!
大地の鼓動を感じよう

日本を代表する観光地である箱根。その箱根の中でも人気の観光スポットが、火山活動を間近に体感できる大湧谷です。平成27年4月から火山性地震が多発したため閉鎖されていましたが、平成28年7月から大湧谷の一部の観光が再開されました。今回は、そんな大湧谷の見どころをご紹介しましょう。

01. 火山活動を間近で、
大涌谷ってどんな場所?

大湧谷は、神山火口の爆裂跡です。跡といってもいまだに火山活動は収まっていません。そのため、火山ガスや高温の温泉など他では見られない光景が広がっています。

未だに活動を続ける爆発の跡

大涌谷

未だに活動を続ける大涌谷

大涌谷は約3,000年前の箱根火山最後の爆発でできた神山火口の爆裂跡です。今でも岩がゴロゴロと転がり、ところどころに火山ガスの白煙が上がる風景が広がっていて、火山活動のすさまじさを肌で感じられます。江戸時代までは地獄谷と呼ばれ、修験地でもありました。現在の大湧谷は遊歩道が整備され、火山活動の様子を間近で観察できたり名物の黒たまごを食べたりできる観光地になっています。

火山活動活発化による閉鎖と再会

平成27年の4月から箱根では火山活動が活発になりました。ニュースにもなったので記憶に残っている方も多いでしょう。その後、同年6月に大桶谷でごく小規模な噴火が確認されました。幸い、これ以上火山活動が活発になることはなく、平成28年7月26日に大涌谷の一部が再び見学可能となりましたが、今でも閉鎖されている場所はあります。現地では立ち入り禁止になっている場所に勝手に入らないようにしましょう。

大桶谷観光の注意点

大桶谷周辺で噴出している火山性ガスはガスは人体に有害です。臭いが強いときや目や耳、喉に刺激を感じる場合はすぐにその場を離れてください。また、大桶谷では24時間火山ガスを監視しています。もし、退去を促すアナウンスなどがあった場合は、すぐに従ってください。また、体調不良の方や気管支や肺に持病のある方はロープウェイに乗車することもできません。健康状態を万全にして観光に臨んでください。

大桶谷は標高1,040mの高地です。そのため、夏でも肌寒く霧が出る日も少なくありません。長袖や防寒着は必ず持って行きましょう。また、足場が悪いので雨が降ると滑りやすく、土石流の危険もあります。そのため天候が悪い場合は園路が閉鎖されることもあるでしょう。天候をよく確認して観光に出かけてください。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所