南禅寺(京都)
?評価について

京都 南禅寺
絶景の山門と心安らぐ庭園、
「湯豆腐」の名店も!

京都市左京区に位置する南禅寺は、数ある寺院の中でも最も格式が高く、別格扱いの寺院です。歴史的な建造物や美しい庭園などが多く、京都を代表する観光スポットとなっています。特に、桜や紅葉の季節は人気が高く、日本国内はもちろん、海外からも多くの観光客が訪れているほどです。

この記事では、南禅寺の歴史や見どころ・アクセス情報から周辺の湯豆腐グルメ情報まで、観光に役立つさまざまな情報をお伝えします。

01. 日本最初の勅願禅寺
南禅寺の歴史

新緑の南禅寺(南禅寺)

新緑の南禅寺

南禅寺の歴史は実に700年以上前にまで遡ります。ここでは、どのようにして南禅寺が建立されたのかを見ていきましょう。

古くから福地として知られていた

現在、南禅寺が建っている場所は古くから福地として知られていた土地です。南禅寺建立以前には、三井寺(園城寺)の別院・最勝光院(さいしょうこういん)が建っていました。この最勝光院が年月とともに荒廃し、跡地に建てられたのが南禅寺の元となる禅林寺殿(ぜんりんじどの)です。

もともとは離宮として建てられた

南禅寺の元となる禅林寺殿は、1264年に後嵯峨天皇が母の大宮御所として建てた離宮です。禅林寺殿には「上の御所」と「下の御所」があり、当時「上の御所」に建設されていた南禅院が、現存する南禅寺の別院、南禅院の前身となります。

1291年に禅寺となる

秋の法堂(南禅寺)

紅葉で朱色に染まる法堂

離宮であった禅林寺殿が禅寺となったのは1291年です。伝承によると、禅林寺殿にはこのころ妖怪が出没し、時の法皇・亀山法皇を悩ませていました。この妖怪を追い払ったのが東福寺の無関普門禅師という僧侶です。このことにより、亀山法皇は無関普門禅師の徳を讃え、開山として迎え入れ禅林寺殿を龍安山禅林禅寺に改めました。天皇の発願によって建てられた寺院としては日本で初めてのものとなります。

1308年、南禅寺に改名

龍安山禅林禅寺が南禅寺と呼ばれ始めたのは1308年ごろからです。龍安山禅林禅寺を創建してすぐに無関普門禅師が亡くなり、そのあとを引き継いだ南院国師によって伽藍が整えられました。このことから、後宇多天皇が南院国師の「南」をとって太平興国南禅禅寺と名が付き、南禅寺と呼ばれるようになったといわれています。

現在の法堂は明治42年に再建された

南禅寺は度重なる火災にあっており、当時の姿はほとんど残っていません。創建当時のもは応仁・文明の乱によって焼失。その後1606年に豊臣秀頼によって大改築されたものの、明治26年に再び火災で焼失してしまいます。現存する南禅寺の法堂は明治42年に再建されたものです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所