六角堂
?評価について

京都 六角堂(頂法寺)
六角形の本堂が印象的な
聖徳太子ゆかりの寺院

六角堂(頂法寺)は四条と三条の中間地点、烏丸通沿いにある聖徳太子ゆかりの寺院です。正式名称は頂法寺ですが、本堂が六角形をしていることから六角堂の名で親しまれています。華道家元池坊が住職を務める寺院で、生け花発祥の地としても有名です。日本最古の巡礼コースである西国三十三所観音巡礼の十八番目にあたる場所でもあり、昔から巡礼者がたくさん訪れていました。

この記事では、六角堂の魅力や見どころなどをご紹介します。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所