六角堂
?評価について

京都 六角堂(頂法寺)
六角形の本堂が印象的な
聖徳太子ゆかりの寺院

六角堂(頂法寺)は四条と三条の中間地点、烏丸通沿いにある聖徳太子ゆかりの寺院です。正式名称は頂法寺ですが、本堂が六角形をしていることから六角堂の名で親しまれています。華道家元池坊が住職を務める寺院で、生け花発祥の地としても有名です。日本最古の巡礼コースである西国三十三所観音巡礼の十八番目にあたる場所でもあり、昔から巡礼者がたくさん訪れていました。

この記事では、六角堂の魅力や見どころなどをご紹介します。

01. 聖徳太子創建
六角堂の歴史

境内(六角堂)

境内の枝垂桜

六角堂(頂法寺)は、587年に聖徳太子によって建立された寺院です。聖徳太子は熱心な仏教徒であり、淡路島に流れ着いた如意輪観音像(にょいりんかんのんぞう)を念持仏(私的に祈りをささげる仏像)として持ち歩いていたと伝えられています。

聖徳太子が四天王寺を建立するために京都盆地を訪れた際、現在寺院が建っている場所で沐浴を行いました。聖徳太子が沐浴を終えて木の枝にかけた観音像を取ろうとすると、仏像は貼り付いたように動かなかくなり、「この地にとどまって人々を救う」と太子に告げたといいます。これに従って聖徳太子は仏堂を作って観音像を祀りました。これが六角堂の始まりです。

鎌倉時代になると浄土真宗の開祖、親鸞(しんらん)が六角堂に百日籠る修行を行いました。親鸞は修行中に聖徳太子の夢を見て、浄土宗の開祖である法然に帰依したと伝えられています。

室町時代以降になると六角堂は町の人々の寄り合いなどに使われるなどして、公民館に近い役割も担うようになりました。江戸時代になると観音霊場の場として庶民の信仰を集め、参拝客目当ての門前町が形成されます。

明治時代以降も六角堂は人々の信仰を集め続け、町の自治組織においては中核であり続けました。今でも地元の人々からは六角さんとして親しまれています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所