二条城
?評価について

京都 元離宮二条城
世界遺産にも登録された
絢爛豪華な城郭

元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)は京都御所にほど近い洛中に位置する平城(ひらじろ)で、江戸時代初期に徳川家康によって建立されました。家康と豊臣秀頼の会見、大政奉還の舞台としても有名です。現在は、城全体が世界遺産にも登録されており、二の丸御殿は国宝に指定されています。二の丸御殿内の豪華絢爛な内装や庭園の美しさは国外にもよく知られており、1年を通して観光客が絶えることがありません。

そこで今回は、元離宮二条城の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 徳川家康が築いた
二条城の歴史

全景(二条城)

二条城全景

二条城は、徳川家康が征夷大将軍就任の祝賀の儀を行なったことに始まり、何度も歴史の表舞台に登場しています。この項では、二条城の歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

築城~幕末まで

二条城は、1602年に徳川家康が築城を始め、1603年に御殿と呼ばれる城主が生活する建物が完成します。家康はこの時点で落城を宣言し、公家や重臣たちを招いて征夷大将軍に就任した祝賀の儀を開きました。その後、工事は京都所司代、板倉勝重(いたくらかつしげ)の指揮によって続けられ、1611年に五層の天守が完成します。この年、家康は二条城で豊臣秀頼と面会を行いました。この時、家康は秀頼の成長ぶりを恐れ、豊臣家を滅ぼすことを決意したと伝えられています。1612年に徳川幕府と豊臣軍の戦いである大坂冬の陣が起こった際、二条城は徳川家康の本営となり、家康はこの城から大阪城へ出撃しました。

その後は、二代将軍徳川秀忠の娘、和子が後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の元へ入内する際に花嫁行列をしたり、後水尾天皇が行幸(天皇が訪問すること)をしたりと、二条城は徳川幕府と調停を結ぶ架け橋のような役割を果たします。しかし、1630年に徳川家光が30万人の兵を引き連れて上洛したのを最後に、15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)が二条城で天皇から将軍職を命じられるまで、歴代将軍が二条城を訪れることはありませんでした。

二条城は明暦の大火や京都地震などで何度も建物を焼失・破損しますが、その度に修復されています。しかし、1750年に落雷により焼失した天守閣は再建されることはありませんでした。また、明暦の大火で焼失した本丸御殿が再建されたのは幕末に慶喜の訪問が決まってからのことです。

幕末に二条城は長州征伐のための本営となりますが、実際に将軍が城から出撃することはありませんでした。1867年に15代将軍徳川慶喜が二条城で大政奉還を行い、政権は幕府の手から新政府の手に移ります。

明治時代~現代まで

明治時代になると、二条城は宮内庁の管轄下に置かれ「二条離宮(にじょうりきゅう)」と呼ばれるようになります。それに伴い、幕末に再建された本丸御殿は撤去されました。

1894年、京都御苑(きょうとぎょえん)に建立されていた旧桂宮邸(きゅうかつらのみやてい)が二条城に移築され、新しい本丸御殿となります。1915年に大正天皇が即位した際には饗宴場として二条城二の丸が使用され、それに伴い、南門や現在も残っている二の丸御殿の付属建物が増築されます。

1939年、二条城は宮内庁から京都市に下賜され、それによって「元離宮二条城」と呼ばれるようになりました。その後、二条城は戦争の被害も免れ、城内の建物は戦後になって国の史跡や国宝・重要文化財に指定されます。

1994年にはユネスコによって「京都古都の文化財」を構成する史跡の一つとして世界遺産に登録されました。現在は、京都を代表する観光名所の一つとして、毎日たくさんの方が訪れています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所