佛光寺(祇園)
?評価について

京都 佛光寺
境内でカフェも楽しめる
八行標語で有名な寺院

京都市祇園からほど近い下京区仏光寺通沿いにある佛光寺は、真宗佛光派の本山です。昔は渋谷(しぶたに)という場所にあり、その当時は浄土真宗の本山である本願寺よりも栄えていたといいます。近年では、門前に掲げられる八行標語がSNSで話題となりました。境内には京都造形芸術大学とコラボしたデザインストア兼カフェがあり、寺院でありながらランチやショッピングも楽しめます。

この記事では、佛光寺の魅力や見どころ・歴史・アクセス方法などをご紹介しましょう。

01. 親鸞が開山した
佛光寺の歴史

境内(佛光寺)

境内

佛光寺は、浄土真宗の開祖である親鸞(しんらん)が山科に建立した草庵が起源の寺院です。親鸞は1205年に弾圧を受けて越後(新潟県)に流罪になりますが、1205年に罪を許されて京都に戻ります。1212年、親鸞は山科に草庵を建て、その運営を弟子たちに任せて関東に布教へ旅立ちました。

佛光寺が栄え始めたのは、1320年に7代目住職である了源(りょうげん)が寺院を渋谷(しぶたに)の地に移してからです。渋谷は、今でいう京都国立博物館周辺を指す地名だったと考えられています。

同じ頃に現在の浄土真宗本山である本願寺も建立されましたが、当時の願寺はまだ青蓮院の末寺にすぎませんでした。一方、佛光寺は尼寺以外で初めて了明尼公(りょうみょうにこう)という尼僧が住職になり、性別による差別がない寺院として人々の信仰を集めるようになります。しかし、応仁の乱が起こって伽藍の多くが焼失してしまうと次第に勢力が衰え、代わりに本願寺の勢力が大きくなりました。

1536年、佛光寺は豊臣秀吉の命令によって現在の場所に移転します。勢いこそ衰えたものの寺院は人々の信仰を集め続けました。時代を下っても佛光寺は大きな荒廃も衰退もせず、現在も多くの人に支持されています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所