京都御所
?評価について

京都御所
歴史を肌で感じることのできる
歴代天皇の住まい

京都市上京区、洛中と呼ばれる場所にある京都御所は、室町時代から明治時代になるまで天皇の住まいだった場所です。国政の中心地でもあり、明治・大正天皇の即位式をはじめさまざまな公務や儀式も執り行われました。今までは春と秋の特別公開の時しか見学できず、それ以外のときははがきによる申し込みが必要でしたが、2016年7月より1年を通して無料で見学できるようになっています。

この記事では、そんな京都御所の歴史や見どころ・周辺のおすすめスポットなどをご紹介しましょう。

01. 室町時代から続く
京都御所の歴史

現在の京都御所は、室町時代から明治時代まで歴代天皇が住まわれ国政の中心となっていた場所です。この項ではその歴史をかいつまんでご紹介しましょう。

室町時代から江戸時代まで

794年に奈良から京都へ都が遷都し、それと同時に御所も新しく造られました。遷都当時の御所は、現在の千本通り沿いにあったといわれています。

鎌倉幕府創立時、京都を脱出した後醍醐天皇(ごだいごてんのう)に変わって幕府は光源天皇(こうごうてんのう)を擁立し、土御門東洞院殿(つちみかどとうどういんでん)という建物を、新たな天皇の住まいとして現在の場所に造りました。これが現在の京都御所の元になります。

最初は一町(約110m)四方のこぢんまりとした建物でしたが、足利義満(あしかがよしみつ)によって拡張され、1392年に正式な御所となりました。戦国時代末期になると織田信長や豊臣秀吉が整備し、現在の姿に近いものになります。

江戸時代初期の1613年、徳川幕府の主導により旧殿が取り壊されて新しく建てなおされました。その後、火災によって7回、建物の老朽化による立て直しで1回と、江戸時代中に計8回も御所の建物は再建されています。

現在公開されている御所内の建物たちは、幕末の安政年間に寛政内裏の様式を模して再建されたものです。そのため、安政内裏という別名があります。

明治時代から現在まで

1869年(明治2年)になると、明治天皇は京都御所から江戸城を改造した現在の皇居に移ります。それに伴い、公家たちも京都から東京へ移り住みました。現在、京都御苑として京都市民の憩いの場所となっている公園は、江戸時代までは天皇に仕えていた公家たちの住まいが密集していた場所です。

1877年(明治10年)に京都御所を再訪した明治天皇は、その荒れ果てた様子に驚いて政府に保管を命じました。この際、天皇は私有財産の一部を京都御所を回収して保管する費用に充てています。天皇の命令によって荒れ果てた京都御所は改修され、空き家となった公家の邸宅は取り壊されて跡地が整備されました。

戦時中は御所内にある建物の一部が空襲除けに撤去されたり、戦後には花火が原因の火事で小御所が焼失したりしましたが、1970年代に復元されて現在に至ります。

現在、京都御所を取り囲む京都御苑は京都市民の憩いの場となっており、梅や桜・紅葉の名所としても有名です。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所