鮎司平野屋
?評価について

京都 平野屋
400年の歴史がある
鮎料理の店

平野屋は、嵯峨野の鳥居本で約400年続いている鮎料理が名物のお店です。愛宕神社の一ノ鳥居のすぐ脇に店を構え、昔は愛宕神社に参詣する人々にお茶やお菓子を出す茶屋と鮎問屋を兼ねていました。やがて、鮎を料理屋へ卸すだけでなくお店で調理して食べさせるようになったと伝えられています。現在は、鮎だけでなく山菜やタケノコ・松茸・ぼたん鍋など四季折々の料理を楽しめる他、お茶とお菓子で一服できる店として人気です。

今回は、平野やの魅力をご紹介しましょう。

01. 季節の料理を
食べる

室内(鮎司平野屋)

平野屋の室内

平野屋では、山の幸や保津川でとれた鮎をはじめとする川魚を使った料理を楽しめます。メニューは季節によって異なり、名物の鮎料理が食べられるのは6月から10月半ばまでです。

鮎は7・8月が旬といわれますが、6月の若鮎や9・10月の子持ち鮎、落ち鮎にもそれぞれ違ったおいしさがあります。料理を食べたい場合は昼夜問わず予約が必要です。

春は山菜やタケノコ、秋はマツタケ、冬はぼたん鍋や鹿のしゃぶしゃぶなどが食べられます。せっかく京都に来たのだからちょっと贅沢をしたいという方におすすめです。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所