上野寛永寺
?評価について

上野 寛永寺
江戸の鬼門を守り続けた
将軍家の菩提寺

寛永寺は、江戸時代に徳川家康の側近だった天海僧正によって開山された上野公園内にある寺院です。東の比叡山という意味で東叡山という山号があります。比叡山が京都の北東(鬼門)の方角にあって京都御所を守ってきたように、寛永寺は江戸城の北東にあって江戸を守ってきました。増上寺と共に徳川家の祈祷所・菩提寺を勤めてきた寺院でもあります。

この記事では、寛永寺の魅力や見どころをご紹介しましょう。

01. 江戸を守り続けた
寺院の歴史

根本中堂(上野寛永寺)

根本中堂

寛永寺は1625年、徳川家康の側近だった天海僧正の進言により徳川家光が創建した寺院です。開山は天海僧正が勤めました。増上寺と共に徳川家の菩提寺となり、15人の歴代将軍のうち6人がこの寺院に眠っています。

最盛期の寛永寺の境内は、現在の上野公園を中心に35万坪もの広さがありました。根本中堂(総本堂)は間口45m・高さ32m・奥行き42mの壮大なものだったと伝えられています。その他、小堀遠州作の名園・清水観音堂・不忍池辯天堂・ 五重塔・開山堂・大仏殿などの伽藍を有し、各大名の寄進による子院は36坊にのぼりました。

徳川家の庇護を受けて栄華を誇った寛永寺ですが、幕末に起こった戊辰戦争で境内に彰義隊が立てこもったため、伽藍のほとんどが兵火によって灰になります。明治になると寺領のほとんどを新政府に没収され、かつての勢いは失われてしまいました。

寛永寺の復興がようやく認められたのは、1879年(明治12年)のことです。川越喜多院より本地堂を移築し、現在の根本中堂(総本堂)としました。その後、関東大震災や戦争の空襲など数々の災害に見舞われたものの、それを乗り越えて現在まで多くの人々の信仰を集めています。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所