上野大仏
?評価について

上野大仏(パゴダ)
度重なる震災を乗り越えた
顔だけの仏様

上野大仏(パゴダ)は、上野公園内にある顔だけの仏様です。この仏像は1631年に越後村上藩主、堀直寄が釈迦如来坐像として建立しました。その後、度重なる地震や火災により被害を受けますが、その度に再興されます。

1923年(大正12年)、関東大震災による被害で頭部が落下してしまいました。そのまま再建のめどが立たたず、頭部だけが寛永寺に保管されて胴体は太平洋戦争中に供出されます。

1972年(昭和47年)に保管されていた頭部は顔面レリーフに加工され、かつて安置されていた寛永寺五重の塔近く、上野精養軒隣の大仏の丘に安置されました。今では、同地に建つパゴダ(仏塔)と共に人々の信仰を集め、落ちない仏様として受験生の参拝が後を絶ちません。

今回は、上野大仏(パゴダ)の魅力や見どころをご紹介します。

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所