ベルナール・ビュッフェ美術館(長泉町観光)
?評価について

ベルナール・ビュフェ美術館
子どもから大人まで楽しめる
美術館

ベルナール・ビュフェ美術館は、静岡県長泉町クレマチスの丘内にある美術館です。その名の通りベルナール=ビュフェの作品を展示する専門の美術館で、ビュフェの作品を2,000点以上収蔵しています。館内にはビュフェこども美術館が併設されており、子どもが美術に親しむ場所としてもおすすめです。

この記事では、ベルナール・ビュフェ美術館の魅力や見どころ、アクセス方法・入館料などをご紹介しましょう。

01. ビュフェの軌跡と
美術館の歴史

エントランス(ベルナール・ビュッフェ美術館)

エントランス

ベルナール=ビュフェは戦後の具象画壇を代表するフランス人画家です。この項では、ビュフェの作風やビュフェ美術館の特徴などをご紹介しましょう。

ベルナール・ビュフェの軌跡と作風

ベルナール=ビュフェは1928年(昭和3年)にパリで生まれ、第二次世界大戦後に具象絵画の代表格として活躍した画家です。黒い描線と抑制された色彩が特徴で、当時の若者に絶大な影響を及ぼしました。日本に頻繁に紹介されるようになったのは、1950年代からです。

画家になってからのベルナール=ビュフェは、まず油彩画や水彩画を中心に制作活動を行い、後に版画でも優れた才能を発揮しました。ビュフェは主に銅版画(ドライボンド)と石版画(リトグラフ)を手掛け、特に銅版画は高く評価されます。

ベルナール=ビュフェの版画は本の挿絵としても使われました。中でも、ジャン=コクトー作の『声』やジャン・ジオノ作の『純粋さを求めて』は、文学と芸術が融合した傑作といわれています。

ベルナール・ビュフェ美術館の創立

ベルナール・ビュフェ美術館は、1973年にスルガ銀行代表取締役会長の岡野喜一郎氏によって創立されました。氏は1950年代にビュフェの作品と出会い、ビュフェの作品に激しい感銘を受けてその作品を収集し始めます。そして、「ひとりの天才の才能を通じ、この大地に文化の花咲くことを望む」という願いの元、美術館を創立しました。

美術館に収蔵されているビュフェの作品は、油彩画・水彩画・素描・版画・挿画本・ポスター等、2,000点以上です。ビュフェコレクションとしては世界一を誇ります。

02. 美術館の
楽しみ方

ベルナール・ビュフェ美術館は、大人だけでなく子どもも楽しめる美術館です。この項では、そんな美術館の楽しみ方をご紹介しましょう。

ビュフェの世界を堪能できる常設展

美術館では、収蔵しているビュフェコレクションの中から選りすぐりの作品を常設展示しています。ビュフェのファンが楽しめることはもちろんですが、何気なく美術館を訪れてファンになってしまう方も多いですよ。

館内には一休みできるようにベンチも点在していますので、自分のペースで作品を見て回ることができます。

定期開催される企画展

ベルナール・ビュフェ美術館では、常設展の他に企画展も定期的に開催されています。企画展では、テーマに沿ったビュフェコレクションの展示が行われる他、国内外で活躍する画家の作品も展示され、来館者に好評です。

美術館では絵画展というコンクールを主催しており、その入選作品を展示するアーティスト展も企画展の一環として行われています。

ビュフェこども美術館

ビュッフェ子供美術館(ベルナール・ビュッフェ美術館)

ビュッフェ子供美術館

美術館の一階には、子どもが美術に親しめるように作られたビュフェこども美術館が併設されています。貸衣装が用意されビュフェの絵画に描かれた人物に変身できるコーナーや絵画のパズルを組み立てて楽しめるコーナー・現代作家が作成した絵本のコーナーなどがあり、子どもが自然と美術に親しめると好評です。

館内には子ども用の手洗い場や授乳室・ベビーカーでも出入りが楽なエレベーターがあるので、赤ちゃんや未就園児を連れて来館された方も安心して鑑賞できます。

TREEHOUSE

TREEHOUSEは、美術館に併設されているカフェです。店の前に美術館のシンボルツリーである樹齢40年のクスノキがあることから、この名が付けられました。

店内は大きく窓が取られ、自然光がふんだんに室内に入る造りとなっています。カフェのメニューは焼き菓子とコーヒーなどのソフトドリンクが中心です。一押しは季節の焼き菓子で、地元の食材がふんだんに使われています。美術館を見学した後で、ゆっくりとティータイムを楽しむの良いでしょう。

ミュージアムショップ

ミュージアムショップはTREEHOUSE内にあり、ベルナール=ビュフェ関連の書物やアートブック、美術館オリジナルグッズなどを扱っています。その他、子育て世代向けの書籍や絵本・おもちゃなども販売しており、お土産選びにもおすすめです。

03. ベルナール・ビュフェ美術館
アクセス情報

住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57
電話番号:055-986-1300
開館時間:10~18時(季節によって変動あり)
休館日:水曜日(祝日除く)12月26~1月6日
入館料:大人1,000円・高大生500円・中学生以下無料
駐車場:あり
交通案内:JR三島駅より無料シャトルバス乗車

ベルナール・ビュフェ美術館

ページへ

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所